農業生産法人 株式会社ミヤモトオレンジガーデン

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

ブログ内検索

農業生産法人 株式会社ミヤモトオレンジガーデンは、みかんを通じてお客様・取引先・従業員とその家族のしあわせに貢献し、みかんの新しい文化を創りたいと考えております。
 
こちらの野菜ソムリエのコラムは、メールマガジンで配信しているコラムのバックナンバーになります。
 
▼ 過去のブログはこちら
https://ameblo.jp/mandarin-sommelier/
 
コラムニストは、野菜ソムリエとして多方面でご活躍中の知久幸子さん、玉之内祐子さんです。
 
みかんのご紹介、美味しい食べ方、みかんを使ったレシピ、みかんの嬉しい機能、その他、野菜果物に関するご紹介やレシピなど、みかんを軸に野菜・果物のおいしい楽しみ方をご紹介いただきます。
 
お二人をご紹介いたします。
 

知久 幸子

知久 幸子さん

<ご経歴>
OL時代を経て調理師学校へ復学、
板場での修行経験を活かし、野菜ソムリエとして活動されています。
 
<野菜ソムリエとしての主な活動内容>
レシピ開発、セミナー講師、講演、調理実習講師、アドバイザー、コラム執筆、青森県十和田市野菜サポーター等、野菜や果物の魅力を通じて「幸せな気持ちを」お届けするために多方面でご活躍されています。
 
<知久幸子さんのオフィシャルサイト>
野菜ソムリエのベジベジライフ 
http://ameblo.jp/vege-sachi/
 
<ご本人より一言>
コラムを通じてみかんをもっと深く知り、大好きになってもらえたら嬉しいです。
小宅 祐子

玉之内祐子さん

<ご経歴>
食とは全く別の世界から一念発起されて野菜ソムリエに。
現在は野菜ソムリエ、食育インストラクターとして、こころとからだにやさしい食を伝えるべく活動されています。
 
<野菜ソムリエとしての主な活動内容>
セミナー講師、コラム執筆、農業体験イベント企画・サポートなど、多方面でご活躍されています。
 
<玉之内祐子さんのオフィシャルサイト>
野菜ソムリエゆうこの野菜生活
http://ameblo.jp/umiumiyu-ko/
 
<ご本人より一言>
「おいしいはたのしい。」をモットーに講座講師や農業体験イベント、コラム執筆などを通して野菜や果物の魅力を伝える活動をしています。こちらのコラムでは、みかんはもちろん、楽しんでいただけるような野菜果物の情報を、時にはレシピなども交えて、発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

野菜がもっと好きになる 「小かぶとズッキーニの塩みかんグリル」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.384

================================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です。

最近、ホーローの保存容器を購入したのですが、とても重宝しています。保存容器としての用途はもちろん、そのままオーブンに入れて加熱できるし、テーブルにも出せるので、洗い物が少なく済むのも魅力です。今日はそんなホーロー容器を使った「小かぶとズッキーニの塩みかん焼き」をご紹介したいと思います。

【材料】(2人分)

・小かぶ‥2個

・ズッキーニ‥1/2本

・塩みかん(完熟)‥小さじ1

・オリーブオイル‥大さじ2

【作り方】

①小かぶは8等分にカットし、ズッキーニは1センチ幅の輪切りにする。

②平型のホーロー容器に塩みかんとオイルを入れて混ぜ合わせ、①を加えてよくからめる。

③オーブントースターに入れて、20分ほど焼く。

材料を切って混ぜたら、オーブントースターに入れるだけなので、とっても簡単!野菜のグリルも、塩みかんを使えばひと味違う一品になります。よかったらお試しくださいね。

category : 塩みかん活用レシピcomments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「コリンキー」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.397

==============================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
だんだんと初夏の野菜が出回るようになってきました。ここ数年でよく見かけるようになった初夏の野菜に「コリンキー」があります。コリンキーはかぼちゃの一種ですが、一般的に熟したものを食べるかぼちゃと違って、未熟果を食べる珍しいサラダかぼちゃです。タマネギをひとまわりからふたまわりほど大きくして縦に引き伸ばしたようなコロンとしたフォルムで、果皮は鮮やかなレモン色、皮ごと食べられます。コリ・パリっとした食感で歯ざわりが良く、クセが無いのでサラダや浅漬けにして生で食べることができます。かぼちゃを想像して包丁を入れると驚くほどやわらかく、すんなり切れてしまうので気を付けてくださいね。ピーラーで薄くスライスしてリボンサラダにしたり、生ハムとあわせて冷製パスタにしたり、鮮やかな色味が料理に彩りを添えてくれます。ピクルスにもおすすめの食材なので、ぜひ試してみてくださいね。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

野菜がもっと好きになる 「野菜の花」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.383

===========================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です。普段、わたしたちが野菜として食べている植物にも、当然のことながら花が咲きます。ブロッコリーの細かい粒は、花蕾といって、その名の通り花のつぼみです。収穫せずに放置すると、やがて黄色い花になります。アブラナ科なので、同じ仲間の白菜やキャベツも、やがて、春先に満開になる菜の花と同じ黄色い花を咲かせます。同じアブラナ科でも、大根の花は色が変わっていて、うす紫や白い花を咲かせますが、花の形状は黄色い菜の花と一緒です。絹さやはマメ科の植物です。観賞用の花で言うと、同じ科には藤の花があります。藤の花ほど、たわわに咲きませんが、似たような形状の白や紫の花を咲かせます。マメ科の中では、そら豆が特に美しく、白地に紫の絵の具で描いたような模様が入ります。他にも、人参や春菊は、ちょっとびっくりするくらい可愛い花を咲かせますよ。気になる方は「野菜の花」で検索してくださいね。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「パクチーの使い分け」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.396

=====================================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。

暑くなってくると、さわやかな薬味がたっぷりきいた料理を食べたくなります。今回は薬味の中でも好き嫌いの分かれるパクチーについて詳しくご紹介します。

パクチーはセリ科の一年草で、タイ語由来の呼び名です。ちなみに中国語ではシャンツァイ、英語ではコリアンダーと言い、すべて同じ植物。鮮烈な強い香りが特徴で、アジアや中南米の料理には欠かせない食材です。驚くべきは葉、茎、根、種子、まるごと利用可能で捨てるところがないということ。葉は生で、サラダやスープのトッピングとして。または、ちぎったり、刻んだりしてドレッシングや和え物の薬味におすすめです。茎は葉よりも香りが強いので、炒め物などの加熱調理にも向きます。根は軽くつぶしてスープやカレーなどの煮込みに入れると味に奥行きが出ます。種子はカレーやピクルスには欠かせない香辛料。部位ごとに使い分けて、余すところなくパクチーを楽しんでくださいね。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

野菜がもっと好きになる 「塩みかん味噌おにぎり」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.382

====================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です。

愛媛の新しい調味料「塩みかん」は、主食のご飯やパン料理にも重宝しますよ。今日は塩みかん(完熟)を使った「塩みかん味噌おにぎり」をご紹介したいと思います。

【材料】(1個分)

・ご飯‥1膳分

・味噌‥大さじ1と1/2

・塩みかん(完熟)‥小さじ1/2

・すり胡麻‥小さじ1

・ゴマ油‥小さじ1

【作り方】

①ご飯を少し固めにおにぎりの形に握る。

②ゴマ油以外の調味料をよく混ぜ合わせ、①の両面にぬる。

③フライパン火にかけ、ゴマ油を熱し、弱火にして②の両面をこんがりと焼く。

焦げやすいので注意してください。転がしながらおにぎりの側面も焼いてあげると、より香ばしく仕上がります。味噌と塩みかん(完熟)はとても相性が良いので、ぜひ合わせて使ってみてくださいね。ラップに包んで冷凍保存しておき、お弁当箱におかずと一緒に詰めて持参すると、保冷剤代わりにもなりますよ。ぜひお試しくださいね。

category : 塩みかん活用レシピcomments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「じゅんさいの旬」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.395

==================================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
みなさんはゼリーのような膜に覆われた不思議な植物「じゅんさい」をご存知ですか?日本料理のお店などで旬の時期に使われることはありますが、ご家庭で召し上がる機会は少ないかもしれません。スイレン科の水草の一種で、水が美しく、水量が十分にある沼や池に自生します。寒天状の粘膜物質に包まれた茎と蕾状になっているまだ開いていない若い葉を手作業で摘み取って食用とします。旬は5月中旬から9月ごろまで。秋田県の名産として知られ、産地では1人乗りの桶のような木船で「採り子」がじゅんさいを収穫する風景が初夏の風物詩として有名です。
舌触りはトゥルンとしていてプリプリとした歯ごたえが魅力。食欲の落ちる梅雨や夏の時期にぴったりの水溶性食物繊維を豊富に含むヘルシー食材です。一般的には水煮されたものが流通しますが、旬の時期には生のままパック詰めされたものも出回ります。ぜひ探してみてくださいね。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

野菜がもっと好きになる 「塩みかんと山葵のツナサラダ」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.381

========================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です。

今年は、例年よりも梅雨入りが早いそうです。関東も、湿気の多い雨模様が続いています。そんな時は、塩みかんの爽やかな香りと、山葵の辛みを利かせたサラダはいかがでしょうか?

【材料】(2人分)

・きゅうり‥1本

・ツナ缶‥1缶

・塩みかん(青)‥小さじ1/2

・山葵‥小さじ1/2

・米酢‥大さじ1

【作り方】

①きゅうりは千切りにし、ツナ缶は軽く油をしぼる。

②米酢に塩みかんと山葵を入れ、溶かし合わせる。

③ボウルに①と②を入れてよく混ぜ合わせ、冷蔵庫で30分ほど寝かせる。お好みで刻み海苔をトッピングしてお召し上がりください。

ツナ缶の代わりに、茹でた鶏のささみを入れても美味しいです。パンにはさんでサンドイッチにしたり、冷やしうどんや蕎麦にたっぷりのせて食べても美味しいですよ。青みかんと山葵の清々しい香りが、梅雨どきの鬱陶しさを吹き飛ばしてくれます。よかったらお試しくださいね!

category : 塩みかん活用レシピcomments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「切り干し大根とトマトの塩みかんマリネ」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.394

===================================================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
気温が上がり、暑い日が増えてくると、さっぱりしたものが食べたくなりますね。今回は塩みかんを使ったさわやかなマリネをご紹介します。

「切り干し大根とトマトの塩みかんマリネ」

【材料】(2人分)
切り干し大根 20g
フルーツトマト 1個
バジル 2~3枚
〇塩みかん(完熟) 小さじ1/2
〇ワインビネガー 大さじ1
〇オリーブオイル 大さじ1
〇はちみつ 小さじ1/2

【作り方】
1. 切り干し大根を15分ほど水に浸けて戻し、水気をしっかり絞っておく。
2. フルーツトマトを8等分のくし切りにする。
3. ○の調味料をあわせてマリネ液を作る。
4. バジルの葉をちぎり、全ての材料を混ぜあわせて馴染ませる。

和の食材として使われがちな切り干し大根を洋風アレンジ。トマトや調味料の旨みを吸ってくれる上に、食感のアクセントにもなります。そして、トマトと合わせるのは香りと味の馴染みが良いオレンジの塩みかん(完熟)がおすすめ。よければ試してみてくださいね。

category : 塩みかん活用レシピcomments : (0)

果物がもっと好きになる「緑野菜の香り蒸し」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.380

================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です。

連日初夏のような気温が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?暑い日が続くと食が細くなってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな時は、鰹節や青ネギなど、自分が好きな「香り」の強い食材をプラスしてみてください。「塩みかん」もそんな時に一役買ってくれますよ。今日は塩みかんを使った「緑野菜の香り蒸し」をご紹介したいと思います。

【材料】(2人分)

・ブロッコリー‥1/2個

・スナップえんどう‥8本

・塩みかん(青)‥小さじ1/2

・ごま油‥小さじ1

・水‥200ml

【作り方】

①ブロッコリーを小房に分け、スナップえんどうの筋をとる。

②フライパンに①とその他の材料を全て入れて、よく混ぜ合わせる。

③蓋をして中火で3分ほど蒸し焼きにする。

青みかんとごま油の香りが食欲をそそる一品です。暑い日こそ、しっかり食べて元気に乗り切りましょう!よかったらお試しくださいね。

category : 塩みかん活用レシピcomments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「新たまねぎで万能調味料作り」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.393

===========================================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。

春は新じゃが、新ごぼうと新の付く野菜が多く出回ります。新たまねぎもそのひとつ。暑さに弱いたまねぎは夏前にピークを迎え、今まさに旬の食材です。今回はみずみずしく辛みの少ない新たまねぎをおいしく食べる方法をご紹介します。

「新たまねぎのピクルス」

【材料】(2人分)

新たまねぎ 1個

酢 100ml

しょうゆ 大さじ2

【作り方】

1. 新たまねぎは繊維の方向に薄切りにする。

2. 1を耐熱容器に入れてレンジで1~2分加熱する。

3. 2が熱いうちに酢としょうゆを加えて混ぜる。

 

お好みで砂糖を入れて、甘めに仕上げるのもおすすめです。焼いたお肉やお魚のソース代わりに使うのはもちろん、きのこのマリネに加えたり、小松菜のおひたしに混ぜたりと使い方は無限大。まさに万能調味料です。おいしい上に、たまねぎに含まれるケルセチンという成分には抗酸化作用があるので、血液サラサラ効果も期待できます。試してみてくださいね。

category : 野菜・果物のレシピcomments : (0)