農業生産法人 株式会社ミヤモトオレンジガーデン

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ブログ内検索

農業生産法人 株式会社ミヤモトオレンジガーデンは、みかんを通じてお客様・取引先・従業員とその家族のしあわせに貢献し、みかんの新しい文化を創りたいと考えております。
 
こちらの野菜ソムリエのコラムは、メールマガジンで配信しているコラムのバックナンバーになります。
 
▼ 過去のブログはこちら
https://ameblo.jp/mandarin-sommelier/
 
コラムニストは、野菜ソムリエとして多方面でご活躍中の知久幸子さん、玉之内祐子さんです。
 
みかんのご紹介、美味しい食べ方、みかんを使ったレシピ、みかんの嬉しい機能、その他、野菜果物に関するご紹介やレシピなど、みかんを軸に野菜・果物のおいしい楽しみ方をご紹介いただきます。
 
お二人をご紹介いたします。
 

知久 幸子

知久 幸子さん

<ご経歴>
OL時代を経て調理師学校へ復学、
板場での修行経験を活かし、野菜ソムリエとして活動されています。
 
<野菜ソムリエとしての主な活動内容>
レシピ開発、セミナー講師、講演、調理実習講師、アドバイザー、コラム執筆、青森県十和田市野菜サポーター等、野菜や果物の魅力を通じて「幸せな気持ちを」お届けするために多方面でご活躍されています。
 
<知久幸子さんのオフィシャルサイト>
野菜ソムリエのベジベジライフ 
http://ameblo.jp/vege-sachi/
 
<ご本人より一言>
コラムを通じてみかんをもっと深く知り、大好きになってもらえたら嬉しいです。
小宅 祐子

玉之内祐子さん

<ご経歴>
食とは全く別の世界から一念発起されて野菜ソムリエに。
現在は野菜ソムリエ、食育インストラクターとして、こころとからだにやさしい食を伝えるべく活動されています。
 
<野菜ソムリエとしての主な活動内容>
セミナー講師、コラム執筆、農業体験イベント企画・サポートなど、多方面でご活躍されています。
 
<玉之内祐子さんのオフィシャルサイト>
野菜ソムリエゆうこの野菜生活
http://ameblo.jp/umiumiyu-ko/
 
<ご本人より一言>
「おいしいはたのしい。」をモットーに講座講師や農業体験イベント、コラム執筆などを通して野菜や果物の魅力を伝える活動をしています。こちらのコラムでは、みかんはもちろん、楽しんでいただけるような野菜果物の情報を、時にはレシピなども交えて、発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

野菜がもっと好きになる 「塩みかん香る水ナスの焼き浸し」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.432

==========================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です。

水ナスが美味しい季節になりました。水ナスの旬は5月から8月まで。水ナスは水分が多くアクがないので、その特徴を活かして生のまま食べるのが1番のオススメですが、加熱してもトロッとして美味しいので、今日は「焼き浸し」をご紹介したいと思います。

【材料】(作りやすい量)

・水なす‥1個

・塩みかん(青)‥小さじ2

・だし汁‥200ml

・すし酢‥100ml

・赤唐辛子(輪切り)‥少々

・米油‥大さじ1

【作り方】

①水ナスのヘタを取り、8等分に切る。

②フライパンに油を熱し、弱火でじっくり水ナスを焼き上げる。

③その他の材料を小鍋に入れて火にかけ、沸騰したら火を止める。

④耐熱容器に①と②を入れ、粗熱が取れてから冷蔵庫で冷やす。

夏場の食欲がない時などにオススメです。揚げ浸しも美味しいですが、焼いた方がカロリーを抑えられます。水ナスがない時は中長ナスや長ナスでも代用できるので、ぜひお試しくださいね。

category : 塩みかん活用レシピcomments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「鶏むね肉と夏野菜の塩みかん炒め」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.452

============================================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
この時期、急に気温が上がって食欲が出ない…という方も多いのではないでしょうか。今回はさっぱり食べやすく、しっかり栄養も摂れる塩みかんレシピをご紹介します。

「鶏むね肉と夏野菜の塩みかん炒め」

【材料】(2人分)
鶏むね肉 200g
ズッキーニ 1本
パプリカ(お好みの色で) 1個
塩みかん(青) 小さじ1/2
ポン酢 小さじ1
料理酒 大さじ1
塩 適量
油 適量

【作り方】
1.ズッキーニ、パプリカはそれぞれひと口大に切る。鶏むね肉もひと口大に切り、ビニール袋に入れて塩と酒を加えてもみこむ。
2.フライパンに油を熱し、ズッキーニとパプリカを炒める。
3.2に火が通ったら一度取り出し、肉を焼く。
4.肉に火が通ったらズッキーニとパプリカを加え、塩みかんとポン酢を入れて全体に絡むようにサッと混ぜる。

塩みかんとポン酢でさっぱり食べやすく、タンパク質・ビタミン・ミネラルが摂れるレシピです。試してみてくださいね。

category : 塩みかん活用レシピcomments : (0)

みかんでもっと笑顔になる「シンディースイート」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.451

=======================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
今回はトマトの中でも中玉で濃厚な味わいの「シンディースイート」をご紹介します。このシンディースイートはサカタのタネが開発した甘みと酸味のバランスが良いコクのあるミディトマトです。トマトの原種に近いと言われていて、皮が厚いので破れにくく、完全に赤く色付いてから収穫が可能。そのため濃い味わいと高い栄養価が期待できます。また、市場へのトマトの出荷量が減る時期に出荷ができるため、夏に出回るフルーツトマトとして重宝されます。最近では中玉トマトの需要が増えていて、大玉よりも栄養価が高く、健康志向の方々にも人気の品種です。味の特徴としても、大玉より濃厚で甘みがあり、ミニトマトよりも食べ応えがある、と両者の良さを併せ持つシンディースイート。もし店頭で見かけたら濃い赤色でずっしりと重みのあるものを選びましょう。生でも加熱してもおいしい品種ですので様々な料理でお楽しみください。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

果物がもっと好きになる 「パッションフルーツのコールスロー」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.431

=============================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です。

先週はパッションフルーツの花についてお伝えしましたが、今回は、パッションフルーツの果実を使ったレシピをご紹介したいと思います。

【材料】(2人分)

・パッションフルーツ‥1個

・キャベツ‥150g

・ニンジン‥30g

・塩みかん(完熟)‥小さじ1/2

・マヨネーズ‥大さじ3

【作り方】

①パッションフルーツの果肉をすり鉢に入れ、種を潰すように擦り合わせ、塩みかんとマヨネーズを加える。

②キャベツは荒みじん切りにし、ニンジンは千切りにする。

③キャベツとニンジンを①に入れ、よく和えたら完成。

お好みによってハムやコーンも加えてください。塩みかんとパッションフルーツの酸味と爽やかな香りが夏場にぴったりな味わいにしてくれます。種もすり鉢で擦ることで、粗挽きブラックペッパーのような見た目とプチプチとした食感が生まれます。お肉料理の添え物や、サンドイッチの具としてお楽しみください。

category : 塩みかん活用レシピcomments : (0)

みかんでもっと笑顔になる「枝豆シーズンの幕開け」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.450

=====================================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
そろそろ枝豆のおいしい季節が始まりますね。基本的には枝豆(青豆)→茶豆→黒枝豆と季節を追うごとに出てくるイメージですが、最近は青豆と茶豆の中間種に人気が集まっていて、早い時期から茶豆風味の枝豆を食べることができるようになりました。味が濃く、甘みと香りの強い茶豆独特の風味を感じられるのに、見た目は青豆(白毛豆)というハイブリットな品種が増えています。
おいしい枝豆を選ぶコツはサヤの色とふくらみを見ること。青々と鮮やかな緑色で、豆がぷっくりと詰まっているものを選びましょう。枝付きの方が鮮度を保てるので、おすすめです。また、おいしい枝豆の茹で方のコツは塩加減。水に対して4%の塩が目安です。つまり、水1リットルに40gの塩。思いのほかたくさん使います。最初に枝豆を塩もみして、その塩を落とさずにそのまま茹でると産毛が取れて食べやすくなる上、塩も入りやすくなります。ぜひお試しください。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

野菜がもっと好きになる 「花も楽しめるパッションフルーツ」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.430

===========================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です。

先日、パッションフルーツの生産者を訪れ、花を見せてもらう機会に恵まれました。トケイソウ科トケイソウ属のパッションフルーツは、観賞用としても人気の高い「トケイソウ」の仲間なので、とても存在感があり美しい花を咲かせます。花の形が時計の文字盤に似ていることから、和名では「クダモノトケイソウ」と呼ばれています。最近では、夏場の節電対策のグリーンカーテン用としてホームセンターでも販売されています。一般的な紫系のパッションフルーツは、白い花を咲かせますが、中には赤い花もあるそうです。品種も様々で、生産者によると、品種ごとに開花時間が決まっているそうです。花開く瞬間がキッチリ決まっているところも「トケイソウ」らしいですね。果実の香りも素晴らしいですが、花もエキゾチックで妖艶な香りがします。花が好きな方は、ぜひグリーンカーテンに取り入れてみてはいかがでしょうか?

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「夏の柑橘」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.449

=============================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
主に冬が旬の柑橘類ですが、あのさわやかなお味は暑い夏にこそ食べたいと思いませんか?そんな時、私たちの柑橘欲を満たしてくれるのが、甘夏や河内晩柑です。甘夏は早いものは1月頃から出荷がはじまり、ピークは3月から5月。量は少なくなりますが、6月、7月まで出回ります。また、河内晩柑は3月下旬頃から出荷が始まり、5月にピークをむかえ、こちらも少量ですが6月、7月まで出回ります。どちらも旬の後半である6月や7月のものは程よく酸が抜けて甘みを強く感じることが多いです。とはいえ、甘みと酸味のバランスがいい柑橘なので、暑い日や蒸し蒸しした日にさっぱりとした潤いをくれる果物として最適です。そのまま食べるのはもちろん、砂糖やはちみつ漬けにして、ヨーグルトと一緒に食べたり、炭酸水で割って飲んだりするのもおすすめ。
急な暑さでバテ気味な身体にフレッシュな柑橘の潤いをチャージしてみませんか?

category : みかんのご紹介comments : (0)

野菜がもっと好きになる 「塩みかん香るゼファーズッキーニの豚巻き」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.429

=================================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です。

今日は先週ご紹介した10㎝サイズのズッキーニと、塩みかんを使ったレシピをご紹介したいと思います。

【材料】(2人分)

・ゼファーズッキーニ‥8本

・塩みかん(青)‥小さじ1

・豚バラ肉薄切り‥10㎝にカットしたもの8枚

・青シソ‥4枚

・米酢‥大さじ1

・ゴマ油‥大さじ1/2

・水‥100ml

【作り方】

①塩みかんと米酢をよく混ぜ合わせ、豚バラ肉に塗る。

②豚バラ肉に縦半分にカットした青シソをのせ、ゼファーズッキーニを巻く。

③油を熱したフライパンに入れて両面に焼き色をつけ、水を加えて蓋をして3分ほど蒸し焼きにする。

ゼファーズッキーニの代わりに、通常のズッキーニを棒状にカットしたもので代用できます。青みかんと青シソの香りに、ズッキーニの瑞々しさが美味しいひと品です。ズッキーニはカリウムを多く含む食材です。摂りすぎた塩分を体外に排出してくれるので、塩みかんレシピでお楽しみください。

category : 塩みかん活用レシピcomments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「6月6日は梅の日」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.448

================================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
6月6日は梅の日ということで、今回は梅について。この梅の日は和歌山県田辺市の「紀州梅の会」によって制定されました。ちょうどこの時期から日本一の産地・紀州で生産される南高梅は収穫のピークを迎えます。毎年欠かさずという方はもちろん、しばらくやってないな…という方も、やったことがないという方も、梅の日をきっかけに「梅仕事」やってみませんか?自分で漬けた梅干しや梅シロップ、梅酒は一段とおいしく感じるものです。
短い旬の期間の中でも、熟度を見分けて使い分けるのがまた一興。6月初旬に出回る青く硬い実は、梅酒や梅サワーに。中旬の少し黄色く色付いた実は梅干しに。下旬の全体に黄色く熟し、甘い香りのする実は梅ジャムに。まさに目でも、香りでも旬を感じる手仕事といえます。せわしない毎日の中で、じっくり素材と向き合い手間ひまをかけられることに贅沢を感じられる大切な時間。今年も楽しみです。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

野菜がもっと好きになる 「10㎝のズッキーニ」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.428

===================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です。

先週に引き続き、視察ツアーで購入した珍しい野菜をご紹介して参りたいと思います。今日ご紹介するのは、10㎝のズッキーニ・ゼファーです。よく見慣れている深緑色のズッキーニは直径4㎝、長さは20㎝以上あると思います。ゼファーも、収穫せずに畑に置いておけば大きく生長するのですが、ゼファーはこのサイズで収穫するのが、食感・食味の両方でベストなのだとか。全体は鮮やかな黄色で、尖った先端と頭頂部だけ黄緑色をしています。猫のしっぽのような形状も魅力のひとつです。このサイズだとカットせずに使えるので、天ぷら専門店などプロの料理人に人気があるそうです。さっそく天ぷらにしたところ、通常サイズのズッキーニに比べてしっかりとした歯応えがあり、ナッツのような香りがして美味しかったです。来週は、このゼファーズッキーニと塩みかんを使ったレシピをご紹介したいと思います。お楽しみに!

category : 野菜・果物のお話comments : (0)