農業生産法人 株式会社ミヤモトオレンジガーデン

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

ブログ内検索

農業生産法人 株式会社ミヤモトオレンジガーデンは、みかんを通じてお客様・取引先・従業員とその家族のしあわせに貢献し、みかんの新しい文化を創りたいと考えております。
 
こちらの野菜ソムリエのコラムは、メールマガジンで配信しているコラムのバックナンバーになります。
 
▼ 過去のブログはこちら
https://ameblo.jp/mandarin-sommelier/
 
コラムニストは、野菜ソムリエとして多方面でご活躍中の知久幸子さん、玉之内祐子さんです。
 
みかんのご紹介、美味しい食べ方、みかんを使ったレシピ、みかんの嬉しい機能、その他、野菜果物に関するご紹介やレシピなど、みかんを軸に野菜・果物のおいしい楽しみ方をご紹介いただきます。
 
お二人をご紹介いたします。
 

知久 幸子

知久 幸子さん

<ご経歴>
OL時代を経て調理師学校へ復学、
板場での修行経験を活かし、野菜ソムリエとして活動されています。
 
<野菜ソムリエとしての主な活動内容>
レシピ開発、セミナー講師、講演、調理実習講師、アドバイザー、コラム執筆、青森県十和田市野菜サポーター等、野菜や果物の魅力を通じて「幸せな気持ちを」お届けするために多方面でご活躍されています。
 
<知久幸子さんのオフィシャルサイト>
野菜ソムリエのベジベジライフ 
http://ameblo.jp/vege-sachi/
 
<ご本人より一言>
コラムを通じてみかんをもっと深く知り、大好きになってもらえたら嬉しいです。
小宅 祐子

玉之内祐子さん

<ご経歴>
食とは全く別の世界から一念発起されて野菜ソムリエに。
現在は野菜ソムリエ、食育インストラクターとして、こころとからだにやさしい食を伝えるべく活動されています。
 
<野菜ソムリエとしての主な活動内容>
セミナー講師、コラム執筆、農業体験イベント企画・サポートなど、多方面でご活躍されています。
 
<玉之内祐子さんのオフィシャルサイト>
野菜ソムリエゆうこの野菜生活
http://ameblo.jp/umiumiyu-ko/
 
<ご本人より一言>
「おいしいはたのしい。」をモットーに講座講師や農業体験イベント、コラム執筆などを通して野菜や果物の魅力を伝える活動をしています。こちらのコラムでは、みかんはもちろん、楽しんでいただけるような野菜果物の情報を、時にはレシピなども交えて、発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

野菜がもっと好きになる 「かぼちゃを守るソルゴー」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.447

=====================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です。

先日、宮古島でかぼちゃ畑を見学してきました。亜熱帯気候で冬でも温暖な宮古島では、主に冬春期が野菜の最盛期で、かぼちゃも年末から5月にかけて出荷時期を迎えます。露路栽培なので、車を走らせていれば見かける機会もあるはずなのに、今まで気づかなかったのには理由がありました。夏には台風、冬には冷たい強風が吹く日の多い宮古島では、野菜や果物を暴風から守るために、様々な工夫が凝らされています。かぼちゃ畑の周りには、風よけとして「ソルゴー」というイネ科の植物を植えます。かぼちゃの苗が膝下ほどの高さで、ソルゴーは1メートル以上。必然的に目隠しとなり、かぼちゃの苗に気づかなかった訳です。他にも、アブラムシなどの害虫を捕食するテントウムシの待機所にもなり、すきこむことで緑肥にもなります。ソルゴーに守られて育つ宮古島のかぼちゃが、船で運ばれ、売り場に並ぶのも間もなくです。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「塩みかんで洋風きんぴら」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.473

=======================================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
そろそろゴボウもおいしい季節。今回は晩秋から冬にかけておいしいゴボウを使った塩みかんレシピをご紹介します。
「塩みかんで洋風きんぴら」

【材料】(2人分)
ゴボウ 1/2本
ニンジン 1/4本
塩みかんマリネの素 小さじ1
しょうゆ 小さじ1
酒 小さじ2
バルサミコ酢 小さじ2
オリーブオイル 適量

【作り方】
1.ゴボウはたわしなどでよく洗い、太めの千切りにする。ニンジンも同程度の太さに切る。
2.フライパンにオリーブオイルを熱し、ゴボウとニンジンを炒める。
3.2に火が通ったら、調味料をすべて入れてさっと炒める。

塩みかんマリネの素には甘みも入っているので、きんぴらのようなあまじょっぱいおかずにもぴったり。フルーティーなバルサミコ酢との相性も抜群です。アレンジとして、鶏肉などを入れるとメインのおかずにもなります。マイタケやシメジをプラスしてヘルシーにカサ増しするのもおすすめ!よければ試してみてくださいね。

category : 塩みかん活用レシピcomments : (0)

野菜がもっと好きになる 「下仁田ネギ」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.446

============================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です。

11月に入り霜がおりてくると、甘さが増してくるのが根深ネギです。その昔、江戸の大名に「送料がいくらかかっても構わないから大至急200本送れ!」と言わせたネギがあることをご存知でしょうか?それは群馬県甘楽郡下仁田町を中心として、その周辺で栽培される「下仁田ネギ」です。量販店の青果コーナーでも見かけるようになりましたね。白根が太いのが特徴で、熱を通すと甘さが増し、特有の風味とトロッとした食感が味わえます。近年、品種改良が進み、その他の地域でも栽培できる新種の下仁田ネギができたそうですが、通の方に言わせえると「独特の風味は、この地域の在来種が格別に良い」のだとか。先日、頂く機会があって、すき焼きに入れたところ、「甘い!」と叫んでしまうほどの糖度と、独特の風味に感動しました。トロッとした食感が卵との相性も抜群です。ネギ好きな方、まずはすき焼きで、是非ご賞味あれ!

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「自然薯の日」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.472

=============================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
11月16日は6という数字を「も」の字に見立てて、11(いい)16(いも)の語呂合わせから自然薯の日に制定されています。自然薯は日本原産のヤマノイモ科・ヤマノイモ属に分類されるつる性植物。正式には「山芋(ヤマノイモ)」と言い、形は似ていますが、長芋とは別品種です。独特の甘みがあり、粘りが強いことが特徴です。その滋養強壮の効能から「山菜の王者」や「山のうなぎ」とも称されていて、消化酵素であるアミラーゼを豊富に含みます。酵素は熱に弱いため、生で食べるのがおすすめ。よく、自然薯と長芋の違いを聞かれることがありますが、大きな違いは「水分量」。長芋は水分量が多いため、すりおろしても粘り気が少なく、逆に自然薯は強い粘り気があり、味も濃く感じます。出汁で割ってもその粘り気が弱まることがないので、とろろに最適です。旬は11月中旬から12月ごろ。実際に圧倒的な粘りの違いを確かめてみてくださいね

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

野菜がもっと好きになる「塩みかん香るマヨ蓮根」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.445

===================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です。

前回は、塩みかん(完熟)と蓮根を使ったレシピをご紹介しましたが、今回は、塩みかん(青)と蓮根を使ったサラダをご紹介したいと思います。

【材料】(2人分)

・蓮根‥80g

・塩みかん(青)‥小さじ1/2強

・マヨネーズ‥大さじ1

・刻み海苔‥大さじ3

・いりごま‥少々

【作り方】

①蓮根の皮をむき、薄くスライスし、さっと酢水(分量外)で洗ってから水気を切り、耐熱容器に入れて軽くラップをする。

②500Wの電子レンジで1分加熱し、上下を混ぜ合わせてから更に1分加熱し、ラップを外して粗熱をとる。

③マヨネーズと塩みかん、刻み海苔を加えてよく混ぜ合わせる。

④器に盛って、いりごまを散らして完成。

刻み海苔とごまはフライパンでから炒りしてから使うと、より香り豊かに仕上がります。海苔と青みかんの爽やかな香りが相性抜群です。今が旬の蓮根に塩みかんの香りを添えて、色々お楽しみくださいね。

category : 塩みかん活用レシピcomments : (0)

みかんでもっと笑顔になる「今年の早生温州みかん」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.471

=====================================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
愛媛みかんの主力である「早生温州みかん」の季節がいよいよやってきます。東京の大田市場では11月7日にJAにしうわの早生温州の初競りが行われる予定ですが、私は一足早くミヤモトオレンジガーデンさんのものを食べさせていただきました。甘み・酸味・香り、どれも素晴らしく、ひと房ひと房にぎゅっと凝縮された味わいはバランスが抜群!今年は7月から9月の高温と少雨で高糖度に仕上がっていて、同じく酸度も高い傾向にあったのですが、10月の降雨でその酸がほどよく抜けて、バランスのとれた味わいになっているそう。という訳で、今年は箱買いしても早々に食べきってしまいそうです。しかも、みかんは持ち歩きにも最適な果物。バックに忍ばせて食後のビタミン補給や小腹がすいた時のおやつとして食べるのにもぴったり。ぜひ旬のめぐみをたっぷり召し上がってくださいね。私も冬の間は毎日みかん生活を目指しています。

 

category : みかんの楽しみ方comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「レンコン収穫体験」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.470

==================================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
先日、ご縁があって茨城県の土浦市でレンコンの収穫体験をしてきました。茨城県といえば、日本で収穫されるレンコンの約50%を生産している大産地。中でも土浦市は琵琶湖に次ぐ広い面積の湖「霞ヶ浦」に隣接し、レンコン栽培のメッカとして有名です。レンコンは沼のような場所で栽培される野菜で、足の付け根あたりまである沼の中に入り、泥の中に埋まっている蓮根を探り当てて収穫します。ウエットスーツのような素材のレンコンスーツを着て、片手に水圧の強いホースを持って挑みます。4連や5連に連なったレンコンを折らずに収穫できれば大成功。沼地は井戸水で、夏は冷たく、冬は温かいそうで、この時期に入っても全く寒くなかったです。収穫後は掘りたてを天ぷらにしていただきました。これが今までに食べたレンコンの中で一番おいしかったです。本当に貴重な経験となりました。茨城県土浦産の「八島レンコン」おすすめです。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

野菜がもっと好きになる 「塩みかん香る蓮根のフリッター」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.444

==========================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です。

蓮根が美味しい季節になってきました。おせち料理の材料としても重宝される蓮根。12月になると相場が上がってくるので、買うなら今のうちがオススメです。今日はそんな蓮根と塩みかんを使ったレシピをご紹介したいと思います。

【材料】(2人分)

・蓮根‥120g

・塩みかん(完熟)‥小さじ1強

・天ぷら粉‥1/2カップ

・鰹節パック‥1袋(4g)

・水‥90ml・揚げ油‥適量

【作り方】

①蓮根を5㎜幅の輪切りにカットする。

②ボウルに水と塩みかんを入れてよく混ぜ合わせてから、天ぷら粉と鰹節を入れ、玉が残る程度に混ぜ合わせる。

③蓮根に②の衣をつけて、170度に熱した油で2〜3分ほど揚げる。

④油をよく切って器に盛り完成。

衣に味がついているので、何もつけずそのままお召し上がりください。実は、塩みかんと鰹節は相性が良いのです。塩みかんの塩味が蓮根の甘さを引き立ててくれます。是非お試しあれ!

category : 塩みかん活用レシピcomments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「レンコンの塩みかん和え」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.469

=======================================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
先日、レンコンの収穫体験というなかなかできない貴重な経験をさせていただきました。そのお話はまた後日、詳しくしたいと思うのですが、今回は収穫したてのレンコンを使った塩みかんレシピをご紹介します。
「レンコンの塩みかん和え」
【材料】(2人分)
レンコン 100g
塩みかん(完熟) 小さじ1/2~1
はちみつ 小さじ1
酢 適量
【作り方】
1.レンコンは皮をむき、薄いいちょう切りにする。
2.沸騰した湯に酢を入れ、1のレンコンをさっと茹でてザルにあげる。
3.粗熱がとれた2に塩みかんとはちみつを加えて和える。

レンコンは切った後すぐに2~5%の酢を入れた湯で茹でることで変色せずに、シャキシャキの食感に仕上げることができます。きれいな白に茹で上がったレンコンに塩みかん(完熟)のオレンジ色が映えます。お酢を多めにするとピクルスのような酢の風味も残るのでおすすめです。塩みかんの量はお好みで調節してみてくださいね。

category : 塩みかん活用レシピcomments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「冷凍食品の日」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.468

===============================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
10月18日は冷凍食品の日。冷凍の「凍(とう)=10」と‐18度以下に保てば冷凍食品の品質を1年間維持できることに由来しているそうです。みなさんは冷凍食品を活用されていますか?もちろん生で新鮮なものを食べるのとは食感や味が変わってしまいますが、冷凍するからこそのおいしさや便利さがあるので重宝します。それぞれの野菜の特性を知って冷凍すればかなり時短に活用できます。例えば、タマネギやトマトのような甘みや旨みの強い野菜は冷凍することで細胞が壊れ、甘みや旨みが出やすくなります。スープや煮込み料理などには最適です。その際タマネギはみじん切りや薄切りなど食感を感じにくい大きさに切って冷凍するのがおすすめです。また、小松菜のようなえぐみの少ない葉物は洗って水気を切っておけば生のまま加熱処理なしで冷凍可能。スムージーやお浸しに活用できます。ぜひ便利な野菜の冷凍をご活用ください。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)