農業生産法人 株式会社ミヤモトオレンジガーデン

2023年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ブログ内検索

農業生産法人 株式会社ミヤモトオレンジガーデンは、みかんを通じてお客様・取引先・従業員とその家族のしあわせに貢献し、みかんの新しい文化を創りたいと考えております。
 
こちらの野菜ソムリエのコラムは、メールマガジンで配信しているコラムのバックナンバーになります。
 
▼ 過去のブログはこちら
https://ameblo.jp/mandarin-sommelier/
 
コラムニストは、野菜ソムリエとして多方面でご活躍中の知久幸子さん、玉之内祐子さんです。
 
みかんのご紹介、美味しい食べ方、みかんを使ったレシピ、みかんの嬉しい機能、その他、野菜果物に関するご紹介やレシピなど、みかんを軸に野菜・果物のおいしい楽しみ方をご紹介いただきます。
 
お二人をご紹介いたします。
 

知久 幸子

知久 幸子さん

<ご経歴>
OL時代を経て調理師学校へ復学、
板場での修行経験を活かし、野菜ソムリエとして活動されています。
 
<野菜ソムリエとしての主な活動内容>
レシピ開発、セミナー講師、講演、調理実習講師、アドバイザー、コラム執筆、青森県十和田市野菜サポーター等、野菜や果物の魅力を通じて「幸せな気持ちを」お届けするために多方面でご活躍されています。
 
<知久幸子さんのオフィシャルサイト>
野菜ソムリエのベジベジライフ 
http://ameblo.jp/vege-sachi/
 
<ご本人より一言>
コラムを通じてみかんをもっと深く知り、大好きになってもらえたら嬉しいです。
小宅 祐子

玉之内祐子さん

<ご経歴>
食とは全く別の世界から一念発起されて野菜ソムリエに。
現在は野菜ソムリエ、食育インストラクターとして、こころとからだにやさしい食を伝えるべく活動されています。
 
<野菜ソムリエとしての主な活動内容>
セミナー講師、コラム執筆、農業体験イベント企画・サポートなど、多方面でご活躍されています。
 
<玉之内祐子さんのオフィシャルサイト>
野菜ソムリエゆうこの野菜生活
http://ameblo.jp/umiumiyu-ko/
 
<ご本人より一言>
「おいしいはたのしい。」をモットーに講座講師や農業体験イベント、コラム執筆などを通して野菜や果物の魅力を伝える活動をしています。こちらのコラムでは、みかんはもちろん、楽しんでいただけるような野菜果物の情報を、時にはレシピなども交えて、発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

みかんでもっと笑顔になる 「オリーブの日」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.489

===============================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
3月15日はオリーブの日。1950年のこの日、昭和天皇が香川県の小豆島を訪問されて自らオリーブの種を蒔かれたことに由来します。オリーブは地中海地方原産のモクセイ科オリーブ属の常緑高木。果実は油分を豊富に含み、主要な食用油のひとつであるオリーブオイルの原料となります。葉が小さくて硬く、比較的乾燥に強いことからスペインやイタリアなどの地中海地域で広く栽培されています。オリーブにはビタミンAやビタミンE、ポリフェノールが多く含まれています。特にポリフェノールの含有量が他の食品に比べて多く、動脈硬化や炎症を防ぐ効果が期待できるとされています。また、オリーブオイルに豊富に含まれるオレイン酸には善玉(HDL)コレステロールを減らさず、悪玉(LDL)コレステロールだけを減らすといううれしい特徴があります。オリーブの日を機に、いつもの油をオリーブオイルに入れ替えてみるのもおすすめです。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「春トマト」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.488

=============================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
春を告げる野菜はいろいろありますが、実はフルーツトマトが一番おいしい季節でもあります。トマトの原産地である南米のアンデス高原地帯は日射量が多く、乾燥していて高温にならない気候。これが日本でいうと春の気候と似ているため、春はおいしいトマトを育てるのに適した季節と言えます。逆に暑くて雨の多い日本の夏はトマトにとって過ごしにくい条件がそろっているのです。つまり、生産量の旬は夏ですが、おいしさの旬は春と言っていいでしょう。甘さや味の濃さは段違い。栄養価も高いものが多いです。生で食べて十分甘くておいしい春トマトですが、ぜひ旬のこの時期に箱買いして加熱調理も楽しんでいただきたい!西洋では「トマトの時期には下手な料理はない」ということわざがあるそうです。それほどトマトはうま味の宝庫。トマトが料理のベースとして使われている西洋料理ではトマトのおいしさで味が決まるということですね。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

野菜がもっと好きになる「旬の柑橘食べ比べ」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.457

================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です。

先日、日本野菜ソムリエ協会で、愛媛の希少柑橘「媛小春」についてのレクチャーと、愛媛県産柑橘の食べ比べを行いました。せとか・不知火・甘平・木成り八朔・媛小春の5品種の食べ比べでは、色・香り・酸味・甘味・食感・皮の剥きやすさなどを評価してもらい、一番美味しいと感じた柑橘を選んでもらいました。収穫時期を遅らせて、木に実らせたまま追熟させた「木成り八朔」は、皮も果肉もオレンジがかった色合いになり、味がとても濃く甘さもしっかり感じられるので、「今まで食べた八朔とは別物みたい」と言って1番に選ぶ人がいました。媛小春は、初めて食べる方も多い中、見事1番人気に輝きました!レモン色の見た目に反して甘さが強く、皮が剥きやすい点も高得点につながった理由でした。リピーターも多く今年は早々に完売してしまい、もう注文できませんが、私も来年の収穫を楽しみに待ちたいと思います。

category : みかんの楽しみ方comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「デコポン」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.487

=============================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
ちらほらと春の気配を感じる季節になりました。3月に入るとデコポンがたくさん出回りますね。ちょうど本日3月1日はデコポンの日。デコポンが熊本県より初めて出荷され、東京の青果市場で取引されたのが1991年(平成3年)3月1日だったことに由来して日本園芸農業協同組合連合会が制定しました。プチっと弾けるジューシーな果肉に甘味と酸味の絶妙なバランスで一躍人気者になったカンキツです。最近では匠の技で育てられたブランドデコポンや枝代わりの新品種なども見かけるようになりました。ハウス栽培のものは12月ごろから出回りますが、露地栽培のデコポンの旬は3月~4月とまさにこれから。少しずつ日照量も増えるこの時期に太陽の光を浴びて育つデコポン。毎年楽しみにしている方も多いはず。常温保存もできますが、ひとつずつポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保管すると少し長く楽しめるのでおすすめです。

category : みかんのご紹介comments : (0)

野菜がもっと好きになる 「塩みかん香る鯖マヨトースト」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.456

=========================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です。

梅のほころびに春の訪れを感じつつも、風の冷たさにドキッとするこの頃、朝食に生姜を使ったオープントーストはいかがでしょうか?

【材料】(1人分)

・食パン‥1枚

・鯖の味噌煮(缶詰)‥60g

・塩みかん(完熟)‥小さじ1/2

・生姜‥5g

・ブロッコリー‥1房(15g)

・マヨネーズ‥大さじ1

【作り方】

①生姜は千切りにして、ブロッコリーは下茹でして荒みじん切りにする。

②ボウルにほぐした鯖の味噌煮と①を入れ、マヨネーズと塩みかんで和える。

③食パンに②を乗せて、8分ほど焼いたら完成。

生姜に含まれているフィトケミカルの一種であるジンゲロールは、加熱するとショウガオールという成分に変化し、体を芯から温める効果が期待できます。お味噌や完熟みかんの香りとの相性も良いので、3つのハーモニーをお楽しみください。青みかんに替えて、刻み海苔を加えても美味しいので、色々お試しくださいね。

category : 塩みかん活用レシピcomments : (0)

みかんでもっと笑顔になる「豚肉とレンコンの塩みかん炒め」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.486

===========================================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
今回はしっかりおかずになる塩みかんレシピをご紹介します。
「豚肉とレンコンの塩みかん炒め」

【材料】2人分
豚バラ肉(少し厚みのあるもの) 150g
レンコン 150g
〇塩みかん(青みかん) 小さじ1/2
〇黒胡椒(粉末) 小さじ1/3
〇みりん 大さじ1
油 少々

【作り方】
1.レンコンは皮をむき、細長く縦切りにする。〇の調味料は合わせておく。
2.フライパンに油を熱し、レンコンを炒める。
3.2に火が通ったら一度取り出し、豚バラ肉を焼く。
4.3に火が通ったらレンコンを戻し入れて合わせた調味料を回しかけ、さっと炒め合わせる。

塩みかん(青みかん)は黒胡椒との相性が抜群!通常よりもたっぷり目に黒胡椒を入れるのがポイントです。挽きたてだとより香りが楽しめるのでおすすめ。スパイシーで大人味なソテーはビールなどのお酒のおつまみにぴったり。豚肉だけでなく、鶏肉でも代用できます。よければ試してみてくださいね。

category : 塩みかん活用レシピcomments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「はるひ」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.485

=============================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
かんきつシーズン真っ最中。最近私が出会った品種をご紹介します。「いずのはる(はるひ)」というかんきつで、食味が優れる「カンキツ興津46号(「スイートスプリング」×「トロビタ」オレンジ)」と香りのさわやかな「阿波オレンジ(「ヒュウガナツ」×「トロビタ」オレンジ)」の交配で生まれた新品種です。品種名は「はるひ」なのですが、全国でも生産量が少なく、集約的に生産しているのが伊豆地方だけということで、「いずのはる」として出回ることが多いそう。日向夏に似たさわやかな風味があり、多汁で糖度も高く(13度程度)、適度な酸味あり。果実は平均150g程度で、形はまん丸に近く、果皮の色は黄色から橙黄色。2月から3月にかけて伊豆の河津桜が咲くころに旬をむかえます。種が入りやすいこととじょうのう膜が少し厚めなことが玉に瑕ですが、風味と食味がいいのでぜひ一度試していただきたい品種のひとつです。

category : みかんのご紹介comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「媛小春の季節」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.484

===============================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
寒さが厳しい2月ですが、晩柑の季節でもありますね。かんきつ王国・愛媛県では新しい品種の開発が盛んです。新柑橘3兄弟として紅まどんな・甘平と同時期に品種登録された「媛小春」をご存じでしょうか?他の2つに比べて知名度が低いのは、その生産の難しさから圧倒的に生産量が少ないため。ただ、味は抜群でぜひたくさんの方に知っていただきたい品種です。「清見」と「黄金柑」を掛け合わせて選抜され、2008年に品種登録されました。果皮は美しいレモンイエロー、その酸っぱそうな見た目とは裏腹に酸味がなく上品でコクのある甘みで、私はこのギャップに心を鷲掴みにされました。小ぶりなサイズで温州みかんのように手で皮が簡単にむけるので、食べやすいのも魅力です。希少品種ではありますが、今年はミヤモトオレンジガーデンさんの媛小春が豊作だそう!ぜひ旬のおいしさを味わっていただければと思います。

category : みかんのご紹介comments : (0)

野菜がもっと好きになる 「塩みかん香る紅芯大根の白和え」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.455

==========================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です。

寒さが増してくると大根も甘さが増してきます!紅くるりやビタミン大根など、最近は色鮮やかな大根が増えて来ました。そんな大根の一つ、紅芯大根と塩みかんを使って白和えを作ってみました。

【材料】(作りやすい量)

・紅芯大根‥80g

・塩みかん(完熟)‥小さじ1/2

・絹ごし豆腐‥1/2丁

・すりごま‥大さじ1

・砂糖‥大さじ1/2

【作り方】

① 紅芯大根を千切りにして塩みかんを揉み込み、20分ほどおく。

②豆腐をキッチンペーパーで包み、重りを置いて15分ほど水きりをする。

③ボウルに②をほぐしながら入れ、すりごまと砂糖を入れてよく混ぜ合わせ、水気を切った①を和えて完成。

塩みかんの塩気が大根の甘さを引き立ててくれます。大根は茹でないので、パリパリとした食感が心地よく、食べた後に鼻に抜けるみかんの香りが楽しい一品です。人参やヤーコンでも美味しいので、色々な野菜でお試しくださいね。

category : 塩みかん活用レシピcomments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「イチゴの新品種:かなこまち」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.483

==========================================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
厳しい寒さの中ですが、イチゴの旬まっさかりですね。最近では様々な新しい品種が楽しめてイチゴ好きとしてはうれしい限りです。つい先日も私が住んでいる神奈川県でオリジナルの新品種が誕生したというニュースが飛び込んできました。平成26年に「紅ほっぺ」と「やよいひめ」を交配・選抜し育成した品種で、令和2年に品種登録されたばかりのイチゴです。その名も【かなこまち】。県職員から名前を募集し、「神奈川生まれの美しくて美味しいイチゴ」という思いを込めて名付けられたそうです。特徴としては果皮が美しい鮮赤色、果実の中まで赤色が入ります。糖度が高く、甘みと酸味のバランスが良い大粒のイチゴです。まだ出来立てほやほやということで、流通は県内の直売所などで少量出荷されているのみのようですが、今後イチゴの主力品種になるかもしれない期待の新人!注目していきたいと思います。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)