農業生産法人 株式会社ミヤモトオレンジガーデン

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

ブログ内検索

農業生産法人 株式会社ミヤモトオレンジガーデンは、みかんを通じてお客様・取引先・従業員とその家族のしあわせに貢献し、みかんの新しい文化を創りたいと考えております。
 
こちらの野菜ソムリエのコラムは、メールマガジンで配信しているコラムのバックナンバーになります。
 
▼ 過去のブログはこちら
https://ameblo.jp/mandarin-sommelier/
 
コラムニストは、野菜ソムリエとして多方面でご活躍中の知久幸子さん、玉之内祐子さんです。
 
みかんのご紹介、美味しい食べ方、みかんを使ったレシピ、みかんの嬉しい機能、その他、野菜果物に関するご紹介やレシピなど、みかんを軸に野菜・果物のおいしい楽しみ方をご紹介いただきます。
 
お二人をご紹介いたします。
 

知久 幸子

知久 幸子さん

<ご経歴>
OL時代を経て調理師学校へ復学、
板場での修行経験を活かし、野菜ソムリエとして活動されています。
 
<野菜ソムリエとしての主な活動内容>
レシピ開発、セミナー講師、講演、調理実習講師、アドバイザー、コラム執筆、青森県十和田市野菜サポーター等、野菜や果物の魅力を通じて「幸せな気持ちを」お届けするために多方面でご活躍されています。
 
<知久幸子さんのオフィシャルサイト>
野菜ソムリエのベジベジライフ 
http://ameblo.jp/vege-sachi/
 
<ご本人より一言>
コラムを通じてみかんをもっと深く知り、大好きになってもらえたら嬉しいです。
小宅 祐子

玉之内祐子さん

<ご経歴>
食とは全く別の世界から一念発起されて野菜ソムリエに。
現在は野菜ソムリエ、食育インストラクターとして、こころとからだにやさしい食を伝えるべく活動されています。
 
<野菜ソムリエとしての主な活動内容>
セミナー講師、コラム執筆、農業体験イベント企画・サポートなど、多方面でご活躍されています。
 
<玉之内祐子さんのオフィシャルサイト>
野菜ソムリエゆうこの野菜生活
http://ameblo.jp/umiumiyu-ko/
 
<ご本人より一言>
「おいしいはたのしい。」をモットーに講座講師や農業体験イベント、コラム執筆などを通して野菜や果物の魅力を伝える活動をしています。こちらのコラムでは、みかんはもちろん、楽しんでいただけるような野菜果物の情報を、時にはレシピなども交えて、発信していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

野菜がもっと好きになる 「塩みかん薫る蓮根の黒ごまサラダ」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.483

============================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です。

今日は蓮根を使ったレシピをご紹介したいと思います。

【材料】(2人分)

・蓮根‥150g

・塩みかん(完熟)‥小さじ1

・黒すりごま‥大さじ2

・マヨネーズ‥大さじ1

・プレーンヨーグルト‥大さじ1

【作り方】

①蓮根の皮をむき、たっぷりのお湯で30秒ほど茹でたら冷水で洗ってぬめりを取る。

②ボウルに塩みかん・マヨネーズ・ヨーグルト・黒すりごまを入れてよく混ぜ合わせる。

③水気をしっかりしぼった①を②に入れて、さっと和えて完成。

蓮根の生産量日本一の茨城では、年末の12月にお正月商材として最も需要が伸び、値段も高くなります。実は収穫期間が長く、時期によって味わいが異なるのが蓮根の面白いところ。9月下旬の掘り始め頃は、シャキシャキ食感でさっぱりとした味わい。年が開けて1月2月頃になってくると、モチッとした食感で甘さも増してきます。その差も楽しみながら、ぜひお試しくださいね。

category : 塩みかん活用レシピcomments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「春のエンドウ」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.538

===============================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
だんだんと春の気配。緑が鮮やかなスナップエンドウやきぬさやを見つけると、ちらし寿司やミモザサラダなど春らしいお料理を作りたくなるのは私だけでしょうか。
さて、エンドウマメが他と違って興味深いのは、スプラウトとして発芽した若芽を食べる豆苗→未熟なサヤを食べるさやえんどう(きぬさや)→その豆を大きくしてサヤごと食べるスナップエンドウ→さらに豆を大きくして豆だけを食べる実エンドウ(グリンピース)と出世魚のように段階があるところ。なかでも人気があるのがサヤも豆も食べられるスナップエンドウです。茹でて食べるのが一般的ですが、野菜ソムリエ的おすすめは「焼きスナップ」。ゴマ油をひいたフライパンで両面を少し焦げ目が付くくらい焼いて、塩を振って出来上がり。焼くことで香ばしさが加わって、甘みが凝縮。とっても簡単で最高のおやつ(おつまみ)になります。よければ試してみてくださいね。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

果物がもっと好きになる 「媛小春かおる水出し紅茶」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.482

=====================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です。2月に旬を迎える愛媛の希少柑橘「媛小春」。もうお召し上がりになりましたか?見た目は鮮やかなレモン色で、一見酸っぱそうですが、糖度が15度以上にもなるほど甘みが強い上に、皮も簡単に手でむけるので、ぜひお試しくださいね。今日は媛小春の皮を使ったレシピをご紹介したいと思います。

【材料】(飲み切る量)

・媛小春の皮‥8g

・ティーパック‥1個

・ミネラルウォーター‥500ml

【作り方】

①鍋にお湯を沸騰させて、皮を1分ほど煮る。

②取り出して粗熱が取れたら、白いアルベド部分を包丁で削いでから千切りにする。

③500mlの水が入る容器に②とティーパックを入れ、水を注いで蓋をして冷蔵庫に24時間入れる。

グラスに注いでお召し上がりください。皮の爽やかな香りがする、黄金色の水出し紅茶の完成です。甘い果汁を搾って加えても美味しいですよ。媛小春が旬のうちに、よかったらお試しくださいね。

category : みかんのレシピcomments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「カンキツ×チョコレート」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.537

======================================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
2月14日はバレンタインデー。街中にはチョコレートがあふれていますね。私も毎年パートナーへのチョコレートという建前で、自分自身が楽しむために何かおいしそうなものがないかなあと探し回るのですが、今年は例年にも増しておいしいカンキツ×チョコレートの商品にたくさん出会っています。あらためてチョコレートとカンキツの相性のよさに感動しました。オランジェットのようなピールにチョコレートをかけて固めたものはもちろん、オレンジリキュールをきかせたトリュフや、ベルガモットが香り高いアールグレイを使用したチョコレート、ミカン科の山椒をアクセントにしたものなどもありました。そういえばミヤモトオレンジガーデンさんの新看板カンキツ「媛小春」もチョコレートとの相性抜群です。
もしバレンタインチョコレートを手作りされるという方は隠し味にお好みのカンキツを忍ばせてみてはいかがでしょうか?

category : みかんの楽しみ方comments : (0)

野菜がもっと好きになる 「岩手の寒じめほうれんそう」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.481

=======================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です。寒さが増してくる季節に旬を迎える、ほうれんそう。今回は、岩手の久慈地方で育てられている「寒じめほうれんそう」についてご紹介します。冬場の関東地方では露路で栽培されるものが多いですが、降雪地帯でもある岩手の寒じめほうれんそうは、ビニールハウスの中で育てられた後、ハウスの入り口を開放して外気を取り込み、 寒さにさらすという栽培方法がとられています。そうすることで葉が縮み、肉厚で濃い緑色になります。変化があるのは外見だけではありません。一般的なほうれんそうと比べてビタミンCや旨味・糖分が多く、さらに嬉しいことにはエグ味の元となるシュウ酸の値が低く、抗酸化作用が期待できるカロテノイドやフラボノイドといった機能成分も多く含まれているそうです。甘くて美味しいだけでなく栄養価も高い、良いことだらけの岩手の寒じめほうれんそう。売り場で見かけたらぜひお試しください。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「大豆の新品種:ふくよかまる」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.536

==========================================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
今回は、全国有数の大豆の生産地である福岡県が10年あまりの年月をかけて開発した新品種「ふくよかまる(品種名:ちくしB5号)」をご紹介します。
「畑の肉」とも言われる大豆は、良質なタンパク質や脂質を豊富に含む栄養価の高い食材です。近年では大豆ミートなど肉の代用品としても人気が高いヘルシー食材でもあります。新品種のふくよかまるは従来品種よりも大粒で収量が安定していて、加工適正に優れているのが特徴です。豆腐や豆乳に加工した際に甘みやコクがあり、食味評価が高いことに加えて、“へそ”の部分が黒ではなく、白いので、様々な用途に使いやすいという利点もあります。県内では2022年から本格的な導入が始まり、2025年に従来品種「フクユタカ」からこの「ふくよかまる」への全面転換が完了する予定で、現在は2月3日の「大豆の日」にちなんでふくよかまるのおいしさを堪能できるフェアも行われています。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

野菜がもっと好きになる 「ちりめんじゃこの塩みかん和え」

野菜ソムリエ 知久幸子さん vol.480

==========================================

こんにちは!野菜ソムリエの知久です。

旅行好きな方だったら、行く先々で必ず買ってくる「お気に入りのお土産」があると思います。私の場合は高知県のちりめんじゃこが、そんなお土産のひとつです。高知では、炊き立てのご飯の上にたっぷり乗せて、「ゆのす」と呼ばれる100パーセント柚子果汁と醤油をかけて食べるのが主流。とても美味しいのでぜひトライして欲しい逸品です。せっかくなので今回は、塩みかんを使ったメニューをご紹介したいと思います。

【材料】(2人分)

・ちりめんじゃこ‥100g

・塩みかん(青みかん)‥小さじ1

・ねぎのみじん切り‥大さじ2

・すし酢‥大さじ2

・味付け海苔‥4枚

【作り方】

①ボウルにすし酢と塩みかんを入れ、よく混ぜ合わせる。

②ちりめんじゃこ、ねぎ、手で千切った海苔を入れてサッと混ぜ合わせて完成。

塩みかんは魚介類との相性も抜群です。そのままでも美味しいですが、熱々のご飯に乗せて是非お試しください。

category : 塩みかん活用レシピcomments : (0)

「玉子とクレソンのサンド 塩みかんマスタード風味」 みかんでもっと笑顔になる

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.535

==========================================================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
今回は、塩みかん(青みかん)を使ったレシピをご紹介します。
「玉子とクレソンのサンド 塩みかんマスタード風味」
【材料】(1人分)
食パン 2枚
卵 2個
クレソン 5~6本
塩みかん(青みかん) 小さじ1/2
マヨネーズ 大さじ1~2
マスタード 小さじ1
【作り方】
1.ゆで卵を作る。
2.クレソンの茎の下部分を細かくきざむ。
3.ボウルでゆで卵をつぶし、2と塩みかん(青みかん)、マヨネーズ、マスタードを加えて混ぜる。
4.軽く焼いた食パンにクレソンの葉の部分と3をのせてはさみ、半分に切る。

ピリッとした辛味のあるクレソンもまろやかな玉子サラダでたっぷり食べられる、栄養価の高いサンドイッチです。塩みかん(青みかん)の清涼感はマヨネーズ&マスタードとの相性抜群。クレソンの茎も加えることで食感も出て、タルタルソースのような雰囲気に。マヨネーズの量はお好みで調整してみてくださいね。

category : 塩みかん活用レシピcomments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「福岡県産セロリ」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.534

================================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
香味野菜としても、生野菜としても優秀で、産地を変えて年中出回るセロリですが、福岡県産のセロリは冬から春にかけて旬をむかえます。この時期、関東をはじめ、全国で見かけることも多いはず。実は福岡県は冬春どりのセロリの生産量全国2位の大産地なのです。セロリは徹底した温度管理・湿度管理が必要な栽培の難しい野菜と言われています。また、高温や直射日光が苦手なため、なんと日の出前の午前3時から収穫を始めるなど様々な工夫によっておいしいセロリが育ちます。福岡県産のセロリはみずみずしく、肉厚で歯ごたえが良いのが特徴です。ぜひ、セロリスティックやサラダ、また厚めに切って炒め物やスープで楽しんでいただければと思います。独特な香りや味が苦手な方は、まずはカレーやスープの隠し味として、またハンバーグやギョウザやシュウマイの肉種の中に入れてみるのがおすすめです。試してみてくださいね。

 

category : 野菜・果物のお話comments : (0)

みかんでもっと笑顔になる 「防災食としての野菜」

野菜ソムリエ 玉之内祐子さん vol.533

====================================

こんにちは。野菜ソムリエの玉之内祐子です。
年始から災害や事故など胸の痛いニュースが飛び交う2024年。被害にあわれた方々にお見舞い申し上げるとともに、1日も早い心の平安が訪れますよう祈っております。そして、全く他人事ではないと痛感しました。非常食の見直しも必要ですね。
災害時や非常時に足りなくなる栄養素といえば、ビタミンやミネラル。野菜や果物に多く含まれる成分です。物流が止まると生鮮食品がまず手に入らなくなるため、不足がおきやすいと言えます。ぜひ備蓄品の中に野菜や果物の缶詰・ジュース、切り干し大根やドライフルーツ、野菜スープなどを入れておきましょう。また、ジャガイモやサツマイモ、ニンジンやタマネギなど比較的日持ちのする野菜は常に買い置きしておくと数日分は安心です。また、冬場は柑橘類もおすすめです。皮の厚いものだと常温でひと月以上日持ちするものもあるので、おいしく食べながら防災も意識できればと思います。

category : 野菜・果物のお話comments : (0)